ファンドラップとは?どうやって始めるの?

ファンドラップはプロのアドバイスが受けられるサービス

証券会社では、ファンドラップというサービスが行われています。もともと富裕層向けであったものですが、最低金額を引き下げることで一般向けになりました。数百万円の初期投資で始めることができます。
投資信託を組み合わせて購入し、利益をあげることを目的にしますが、運用前には顧客がどのくらいのリスクを許容できるかについて相談し、それに見合ったリターンを目指します。投資をする人が自分で考えて投資信託を購入することもできますが、プロのファンドマネージャーによる確実な運用が可能になります。
手数料については、販売手数料がかからない代わりに一定額の投資顧問料がかかります。信託報酬については個人での購入と同じになるため、合計すると年間で投資額の2~3%ほどになります。

ファンドラップを利用するメリット

個人でも株式や投資信託の購入ができますが、情報の早さや分析能力で不利になります。ファンドラップの最大のメリットは機関投資家向けの情報を投資に反映させられることと言えます。投資顧問料を支払うだけの価値はあるでしょう。また、投資をプロに任せることで情報収集や分析にかける時間が必要なくなります。投資自体を趣味としている人は問題ありませんが、分析には多くの時間がかかり、働いた方が効率が良いということになりかねません。
ファンドラップでの運用をする際には、同時にNISA口座も開設しましょう。年間120万円の買い付け分までは所得税がかからなくなります。ノーリスクでパフォーマンスの底上げになりますので、利用しない手はありません。

富裕層しか利用できなかったファンド口座を改良した金融商品がファンドラップです。低額からでも利用できる利便性が受け、その口座残高は増加の一途を辿っています。